HOME 会社案内 新興のお仕事 新興の取り組み 浄化槽百科事典 お困りのときは お問い合わせ 採用情報
車両・設備の導入
HOME > 新興の取り組み > 車両・設備の導入
車両・設備の導入

新興ウオターでは地球環境にやさしい車両を次々と導入しています。

オートマチックバキューム車

・NEW!! 2012/1/23 
オートマチック(AT)のバキュームカーを導入しました。

このほど弊社では、環境に配慮した「モリタエコノス(三菱ふそう)」製オートマチック方式の新型バキュームカーを1台導入いたしました。
バキューム車バックモニター いままでのマニュアル方式の車輌に比べ、ギア操作が無い分、運転の負担が軽減できます。
また、バックモニターを搭載していますので、作業の安全性も高まりました。
ホース巻き取り時の事故防止装置など、先進的な技術が搭載されています。
AdBlue高品位尿素水 ディーゼルエンジンの排出ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)を低減させる、AdBlue(高品位尿素水)を搭載しています。
 
・浄化槽水リサイクル車・天然ガス(CNG)車・大型車輌・車載装備
-

浄化槽水リサイクル車

・浄化槽水リサイクル車(汚泥濃縮車)
汚泥やスカムを液体と固体に分離し、水をろ過した後、張り水として元の浄化槽へ戻してリサイクルします。
詳細はこちら

-

天然ガス車

天然ガス車

・天然ガス(CNG)車の導入
天然ガス車は地球温暖化の原因となるCO2(二酸化炭素)の排出量が、ガソリン車より2〜3割低く、また、NOx(窒素酸化物)、CO(一酸化炭素)、HC(炭化水素)の排出量が少なく、SOx(硫黄酸化物)は全く排出されません。
新興ウオターではこの天然ガス車をし尿収集用車両として2台、浄化槽収集用車両として5台導入しています。

天然ガスは社内のガスステーションで充填します。

-

全車輌にデジタコ導入

・エコドライブと安全運転!
新興ウオターは美しいこの地球環境を未来に残す仕事をしています。
そのためにはまずエコドライブ。アイドリングの防止や急加速急減速による排気ガスの抑制と燃料消費の低減、これらを人が意識して行うには限界があります。さらに実際にどの程度エコドライブをしているのか具体的な数値はわかりません。
そこで新興ウオターでは、バス・タクシー・トラックなど営業用車両に取り付けられている運転記録装置「デジタルタコメーター(デジタコ)」の導入を始めました。

-

樹木にやさしい

・樹木にやさしい傾斜
天然ガス車のタンク部分を後ろから見ると長方形ではなく、台形のように途中から天井部分にかけて斜めにカットされています。
お客さまや街の大切な樹木を折ることのないように、特別に設計した車両です。

-

大型車両

・大型車両
新興ウオターでは事業所や公的施設などの大型浄化槽を利用されているお客さまや産業廃棄物(汚泥)の収集用に10tのバキューム車、ダンパー車を3台導入しています。小型車両5台で収集するよりも、また小型車両1台で5往復するよりも、大型1台で収集した方が時間・人員・燃料などの負担が少なくすみます。これも地球環境を守る取り組みです。

-

高圧洗浄車

・高圧洗浄車
240kg/cm2の超高圧洗浄で、詰まった排水管を一気にクリーンアップします。水とその圧力で詰まりの元を粉砕しますので、地球にとてもやさしい洗浄方法といえます。

 
shade
home faq contact policy sitemap